So-net無料ブログ作成
検索選択
わんちゃんに必要なこと ブログトップ

《シュー★新しいキャリーバッグ》 [わんちゃんに必要なこと]

シューのお出かけはもっぱら電車なので、キャリーバッグは必需品です。

以前は寝床でもあるクレートで移動していて、シューも落ち着いて中に入って入られたのですが、持ち運びが若干大変。

特に私が運ぶ時は首にベルトをかけて両手で抱えて持つお弁当売り状態になって、暑い夏は汗が止まらないし、駅で階段を上り下りしたり、エスカレーターに乗るのも足元が見えずに怖いなと思ったことが度々ありました[もうやだ~(悲しい顔)]

そこで、大好きなフリーステッチさんで新しいキャリバッグを買いました[exclamation×2]

まずデザインが気に入っていたのですが、トレーナーの方からも「ポケットが少ないので機能的ではないかもしれないけど、その分中が暑くなりすぎないので、夏も使えるかもしれません」とおすすめされました。

シューも最初は戸惑っていたのですが、一度キャリーバッグで外に出たら、すぐに「お出かけできるんだー[るんるん]」と認識できたようです。

今はバッグを置くと、自分で中に入っていきます。

写真 2-4.JPG


でも、興奮しすぎて夫に止められています…[たらーっ(汗)]

写真 1-5.JPG


興奮を抑えてます。(興奮の抑え方はこちらをご参照ください)

写真 3-5.JPG


今回の戦利品[exclamation×2](併せて首輪とハーネスも購入)

写真.JPG


<使ってみた感想>

[犬]スクエアトート

キャリーバッグ(スクエアトート)は大きい方が中で回れるからとMサイズを買ったのですが、2.4キロのシューにはSサイズでもよかったかもしれないと思います。バッグの中はマット代わりにバスタオルか寒ければフリース生地のブランケットを敷いています。また、飛び出し防止リードも付いているので首輪をつないでおり、たまに絡まっていないか確認しながら歩いています。キャンバス生地で洗えるし、メッシュの蓋が付いているので公共交通機関の移動にも使えて便利です。

[犬]リフレクティブカラー

[犬]リフレクティブワンタッチハーネス

シューはカラー・ハーネスともにSサイズを購入しました。リフレクティブは「光に反射するリフレクションで夜のお散歩も安全に」とのことでしたが、夜道を安心して歩けるほどは光を反射しません(^^;)デザインがシンプルで、なんだかシューがおしゃれに見えるため気に入っています[わーい(嬉しい顔)]

ますますお出かけが楽しみです[ハートたち(複数ハート)]


ブログランキングに参加中です!
応援のポチっをよろしくお願いします!!
[左斜め下][左斜め下][左斜め下]



スポンサードリンク





nice!(14)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

《シュー★転換期:去勢手術のこと》 [わんちゃんに必要なこと]

今月初旬にシューは去勢手術を受けました。

わんちゃんを迎えたら一度は考えなくてはならないことだと思います。

去勢手術にはメリットとデメリットがあるようですが、私たちは去勢手術によって防げる病気があるということと、性ホルモンが原因で起きる問題行動が減るというメリットに注目して踏み切ることにしました。

デメリットである全身麻酔のリスクは最後まで不安でしたが、主治医からも「万が一のケースはあるけれど、ほとんど問題が起きたことはない」という説明を受けました。

また、やると決めたら、より効果が高いと言われる生後1年以内の早い時期に行うことにしました。

参考にしたのはこちらのサイトです。

またシューの通う幼稚園の先生に注意されたのが、「術後、かわいそうに思って甘やかしてはダメですよ!」ということでした。

シューは月齢8ヶ月ですが、成長過程で今後を左右する大事な時期なんだそうです。

確かに最近は自我が強く出てきて、要求や警戒の吠えが増えています。

先生から言われなければ、甘やかしてしまうところでした[たらーっ(汗)]

そして、今日は抜糸でした。

病院までは様子を見ながらお散歩しました。

写真 1.JPG


着ているのは術後着です。

エリザベスカラーでは痛々しく思えたし、寝床に入る時にどうなるんだろうと思ったので、術後着を用意しました。

シューはウェアを着るのに慣れていなかったのですが、うんPもちっちも着たままで問題なくできますし、多少ウェアを気にするもののエリザベスカラーよりは快適に過ごせたのではないかと思います[ぴかぴか(新しい)]

お友達わんちゃんは事前にウェアを着せることに少しずつ慣らしておいたとのことで、こういう時のためにシューも慣らしておいたほうがいいなと思いました。



そして、術後のシューの様子ですが、以下の通りです。

[犬]食欲が増した!
今まで食が細くて苦労したので、もりもり食べてくれるのはありがたいです[ハートたち(複数ハート)]

[犬]術後数日間はよく寝るし、活動もほどほどでおとなしいけど、1週間も経つといつものシューの元気が出てきました。

小さい体で心配もありましたが、順調に経過しています。

シュー、よくがんばったね[かわいい]


ブログランキングに参加中です!
応援のポチっをよろしくお願いします!!
[左斜め下][左斜め下][左斜め下]



スポンサードリンク






nice!(12)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

《シュー★ストレス軽減のアイデア》 [わんちゃんに必要なこと]

IMG_2285.jpg


「叱るより褒める」、犬のしつけにおいてよく聞く言葉です。

叱ることは多くの場合に逆効果になるので、叱るくらいなら、まずはその原因を排除するようにした方がいいと聞きました。

まだ、シューを迎え入れて1ヶ月ちょっとしか経っていないので、ダメなことはダメ!と叱ることも必要なのでは?と漠然とした違和感は感じてしまったりするのですが、とにかくアドバイスは実践しています。

で、今回は写真のように柵を作りました[exclamation]

目の届きにくい所に行ったり、いたずらされないように元の原因となるものをこの柵でブロックしています。

100匀のお店のワイヤーネットを結束バンドで繋げて並べているだけです。

いつか突破されるのではという不安もありますが、折りたたんだり、伸ばしたり、形が自由自在になるので重宝しています。

まだ子犬なので、今の所は突破もされていません。

これで確かに悩みの種が減りました[わーい(嬉しい顔)]


スポンサードリンク






nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

《シュー★ごはんを食べない(;;)》 [わんちゃんに必要なこと]

写真 1-4.JPG


シューは迎え入れた時からごはんをなかなか食べません[ふらふら]

病院で相談したら、食欲がないわけでなく選り好みしているとのことでした。

獣医さんからは仔犬のうちは食べることが先決なので、色々試して食べられるごはんを探すしかないと言われました。

食欲旺盛と言わないまでも、しばらくは食べていたのですが、ごはんの切り替え時期となり、違うごはんを与えたところ食べなくなってしまいました…[もうやだ~(悲しい顔)]

このごはんの切り替えというのは、最初にペットショップで購入したセット販売に従うと切り替えとなります。

そこで、トレーナーの方からも勧められたGREEN DOGiconでごはんの相談をしました。

あくまでもシューのケースですが、いただいたアドバイスを備忘録として書いておきます。

⑴ ごはんはあまり変えない
仔犬の時期は食べることが最優先なので、ごはんはあまり変えない方がいい。切り替えるなら、従来のごはんに新しいごはんを少しずつ加えて、徐々に新しいごはんに慣らしていく。

⑵ おやつを与えすぎない
おやつは美味しくできているが、ごはんのように十分な栄養分は入っていない。おやつを与えすぎると、ごはんを食べなくなる。しつけに利用する場合はおやつでなく、ごはんをおやつの代わりに与えても十分。特別な時だけおやつを与える。(シューの場合はブラッシング時やお尻を拭くときにおやつを与えてます)

⑶ お湯を足す
ドライフードへの切り替え後も、少しお湯を足してあげると匂い立つので食欲を刺激する場合がある。

シューの場合は食器を変えてみたりもしましたが、同じごはんを与えても状況によって食べたり食べなかったりしますし、食べる状況がいまいち掴めていないので解決していませんが、とにかく食べられるようにアドバイスを実践しています。

大きくなーーーれ[exclamation×2]


スポンサードリンク





nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

《シュー★快眠に役立ったもの》 [わんちゃんに必要なこと]

写真-3.JPG


環境の変化やしつけの混迷でストレスもたまっているシュー[ふらふら]

なんだかイライラした様子だなと思っていたのですが、その改善に睡眠もキーになるのだなと思いました。

と言うか、意外に良い睡眠ができてなかったのかもしれないと思います[たらーっ(汗)]

そこで、シューの場合ですが、快眠に役立ったものを書いてみます。

⑴ エアコン

トイプーとダックスのミックス犬であるシューですが、両方とも欧州が起源とされており、基本的に暑いのが苦手だそうです(子犬の場合は温めることも必要)。30度超えの日があったので、冷房をつけると、すやすや眠り始めました。いつもなら「遊んでー」とねだってくるタイミングにもかかわらず、寝たということはいつもは眠れなかったのかもしれません。ちなみに冷房は28度で弱風です。また、26度を下回る時はホットヒーターをつけています。一度ケンネルコフで入院したので、ここは慎重になっています。


⑵ クレート=キャリーケース

ミックス犬なので、最終的にどのくらいのサイズになるのかわからないし、クレートを買うのをためらっていました。しかし、病院までの道のりはキャリーバッグでは心許ないし、暑くなってくるとあの袋状のバッグは適さないため、クレートを買うことにしました。寝床として設定すると、違和感なくすんなり入って行きました。落ち着く様子です。もっと早く買っておけばよかったです。


⑶ 音楽

眠たそうなのにかまってほしくてワチャワチャする時に音楽をかけると寝てしまいます。ちなみに音楽はAmazonプライムの音楽聴き放題で赤ちゃんが眠りやすい音楽を聴かせています[わーい(嬉しい顔)]




スポンサードリンク





nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

《わんこの受け入れ準備(その他)》 [わんちゃんに必要なこと]

IMG_1769.jpg


子犬の受け入れ準備として、その他あってよかったものを現時点での個人的な評価も加えて書いてみます。

⑴ パッキンつきゴミ箱
子犬は排泄の頻度が高いからかトイレシートやウェットティッシュなどの汚物は結構な量になります。今回は12Lのゴミ箱を購入しました。ゴミ収集は週に2回の頻度ですが、ゴミ箱の容量としてはギリギリ間に合っています。パッキンつきの蓋が付いているので、臭いも気になりません。これからは暑さが増してくるので、脱臭効果のある乾燥させた珈琲カスを不織布のお茶パックに入れたものを脱臭剤として入れようと思ってます。また、蓋にロックが付いているので、わんちゃんのイタズラ防止にもなると思います。幅も17cmでスリムだし、中のバケツだけ取り出して洗うこともできます。

※汚物処理の方法や収集頻度などは市区町村によって異なるようなので、各市区町村に確認が必要です。


(評価◯:パッキンつきの蓋で臭いが気にならない。場所をとらないし、中のバケツだけ取り出し可能。中バケツにビニール袋をセットするのが少々やりにくい。)

⑵ キャリーバッグ
ペットショップからの引き取り時にダンボールケースをいただいて、それに入れて家まで連れ帰ったのですが、数カ所に穴が開いているものの、中は真っ暗でシューにとってはストレスフルなよう。病院に連れて行く道中にもダンボールを使用したのですが、途中で様子を見るとぶるぶる震えていました。あまりにかわいそうなので、キャリーバッグを購入。今のところ問題ありませんが、飛び出しそうで怖いです。また、私の身長(152cm)だと袋部分が腿あたりになるので、結構揺れて歩きづらいです。シューは想定では成犬時3kg程度になるだろうと言われていますが、ミックス犬なので実際はどの位大きくなるか読めない部分もあります。なので、ある程度大きくなったら、ちゃんとしたキャリーケースを購入したいと思っているのですが、間に合うかどうか。。。


(評価△:大きな問題はないが、飛び出しそうで怖い。やや歩きづらい。)

⑶ わんちゃん用のお掃除グッズ
わんちゃんの食器やタオル、トイレトレーなどを洗うのに、専用スポンジやブラシ、バケツなどをあらかじめ用意しておくと便利だと思います。

⑷ 虫除け
シューの寝床に近い扉は開け閉めを頻繁にするので、念のため扉の入口に吊るしています。雨に濡れるところでも使用可能だそうです。また、有効成分は犬に安全なものを使っているそうです。


(評価?:効果は確認できていません。)

⑸ ビニール袋
汚物処理などで、ビニール袋は結構使っていて、買い物などで溜めておいた袋では足りなくなりました。取り急ぎ、ドラッグストアで購入しましたが、後で色々見てみると防臭効果のあるビニールなどもあるようですね。夏場に検討したいです。


(評価?:使用経験ないため評価なし。今後、購入を検討予定。)


ご紹介したいブログ
うっちゃんの日記@南インド!

67歳の母が南インドでのシニアライフを綴っています。当ブログと併せて宜しくお願いします!


スポンサードリンク





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

《わんこの受け入れ準備(ケア用品)》 [わんちゃんに必要なこと]

IMG_1769.jpg


ケア用品は概ね餌と一緒にペットショップセット販売で購入しました。

まだ、シューは我が家に来て間もなく、十分にケアを行えていないので使っていないものもあるのですが、購入したものを書いてみます。

個人的な評価や使い勝手はわかる範囲で記述し、随時更新していこうと思います。

⑴ ブラシ
ブラッシングは毛並みを整える他に、ダニやノミの予防になったりするそうです。様々な種類のブラシがあり、何を買っていいかわからなかったので、取り急ぎ100均のお店で人間用のピンブラシを買って使っています。最初はおもちゃと認識したのか、噛もうとしてブラッシングもままならなかったのですが、段々と慣れてくれており、今のところ問題なく使っています。

写真-5.JPG

⑵ 耳そうじケア
ペットショップのセット販売に入っていました。まだ、シューの耳そうじ自体が成功しきれていないので、商品の使い勝手はわかりません[もうやだ~(悲しい顔)]



⑶ デンタルケア
ペットショップのセット販売に入っていました。まだ、デンタルケアができていないので、商品の使い勝手はわかりません[もうやだ~(悲しい顔)]



⑷ 消臭スプレー
ペットショップのセット販売に入っていました。通販などでは見つからなかったので、ペットショップの店舗販売のみかもしれません。食品添加物を主成分としていて、ペットや人に無害だそうです。中性に近い弱酸性製品だそうです。自分自身の手を消臭したり、シューがおしっこを失敗した時の床掃除やトイレトレーの消臭に使っています。我が家は無垢材のフローリングなのですが、今のところ後が残るようなことはありません。効き目についてはまだ確認できていませんが、床材に影響がなければリピ買いしそうです。

写真-4.JPG

⑸ 噛み癖防止用品
ビターアップルというスプレーを使用しています。ペットショップのセット販売に入っていました。とにかくシューは歯が痒そうです。おもちゃを与えていますが、ちょっと目を離すといろんな物を噛んでいます。試しにビターアップルをかけてみたところ、シューはその物をしばらく嗅いだ後、頭を振って避けていき効果覿面でした。ただ、床材にかけてみたら、ガサガサしたものが残るので、スプレーをかける対象物は選ばないといけないと思います。



他にも効果があるものがあったら、教えていただきたいです[exclamation]


ご紹介したいブログ
うっちゃんの日記@南インド!

67歳の母が南インドでのシニアライフを綴っています。当ブログと併せて宜しくお願いします!


スポンサードリンク






nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

《わんこの受け入れ準備(保険編)》 [わんちゃんに必要なこと]

写真.JPG


今回、シューが5日目で入院してしまったため、本当に保険に加入しておいてよかったと思います。

約1週間の入院で入院、検査、薬などの費用が最終的に約11万円かかりました[がく~(落胆した顔)]

しかし、契約日から1ヶ月間は免責期間なしの100%補償特約のついた保険に加入したため、これらの治療費はすべて保険で補償されます[わーい(嬉しい顔)]

100%補償特約がない場合でも、治療費の一定の割合(90%など)を補償する保険などがあるようなので、検討してもいいかもしれません。

子犬は思ってたより病気にかかりやすく、医療費も結構かかるのだと痛感しました。

初年度はペットショップにて加入したのですが、ネット保険だとより低価格の商品があるようなので、2年目以降はネット保険も検討したいです。


ご紹介したいブログ
うっちゃんの日記@南インド!

67歳の母が南インドでのシニアライフを綴っています。当ブログと併せて宜しくお願いします!


スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

《わんこの受け入れ準備(お部屋編)》 [わんちゃんに必要なこと]

IMG_1776.jpg


Update[exclamation] 使用後1ヶ月半時点の使い勝手を下記に赤字で追記しました。(2016.7.20)

餌と同時になくてはならない最低限のグッズを取り急ぎ用意しました。

ペットショップでもセット販売していたのですが3万円ほどするし、届くまでに2日位かかると言われたので、早く引き取りたい私たちは同等商品をネット購入して半額ほどに抑えました。

まだ購入したばかりですが、現時点での個人的な使い勝手や評価も加えて書いてみます。

⑴サークル 
迎え入れて2週間は基本的にサークルの中だけで育てるそうです。成長後も寝床とトイレと食事はこのサークル内でするそうです。だから、長く使える物を選びました。シューは成犬時の予想体重が3キロですが、60×90cmあれば十分だそうです。下のトレイが引き出せてお掃除が楽な点と、引き戸なので場所を取らない点を考慮して購入を決めました。今のところ、使い勝手はいいです。

(評価◎:組み立て簡単。お掃除も楽。引き戸なのが場所を取らなくていいです)
→ 1ヶ月半後の評価:引き続き使い勝手は良好です。

⑵トイレ
なくてはならない必需品です。これはペットショップのセット販売と同じものにしました。トイレシートがむき出しだと噛んだり、手でガリガリしたり、いたずらするので、メッシュカバーがあってよかったです。いたずらしなくなったら外して使えます。メッシュカバーは1日に1回洗っています。わんちゃんも清潔な方がいいみたいですね。

(評価◎:いたずら盛りの子犬にはメッシュカバーは必要だと思います)
→ 1ヶ月半後の評価:メッシュカバーはいたずら防止に必要だと思います。サイズはワイドサイズがいいと思います。レギュラーサイズは小型犬でも大きくなると回りきれなくてはみ出します。月齢4ヶ月目のシューでも小さくてはみ出すことが多くなりました。最初からワイドサイズを買っておけばよかったです。今使っているのは↓です。これだといたずらでカバーも外しにくいようです。


リッチェル しつけ用 ステップトレー ワイド ダークブラウン

⑶トイレシート
これは賛否両論あるようですが、シューにはいいです。シューはペットショップでトイレはしつけられていたようで、トイレとトイレシーツのどちらが効いているのかわかりませんが、今のところきちんと指定の場所で排泄しています。このシートはおしっこ3回くらいは持ちます。あまり溜めると犬はおしっこをしたがらないそうです。実際に、シューもシートを替えた途端におしっこをしたことがあり、がまんしていた様子でした。

(評価○:問題はないですが、シートのしつけ効果があるのか確認できていないため◎ではなく○)
→ 1ヶ月半後の評価:他のシートも使っています。色は白かブルーでおしっこしたかどうかがわかりやすいものがいいと思います。

[犬]備考[犬] いくらペットショップでしつけられていると言ってもサークル内の話だけで、「床は歩かせないでほしい」とのことでした。実際に歩かせてしまったことがあり、おしっこを床にしてしまいました[ふらふら]

⑷給水器
これもペットショップで使っていたのと同タイプの給水器にしました。口先を舐めると中の玉が転がって水が出てくる仕組みです。ただ、以下の給水器は子犬でも問題なく水が飲めるのですが、最初に買った違うメーカーの商品は強い力で玉を押さないと水が出てこず、シューには飲めませんでした。水は死活問題なので、以下の給水器にすぐに買い換えました。これは屋外にも持っていけます。

[犬]備考[犬] 後から聞いた獣医さんのお話では、上を向いて飲むタイプなので、むせることが多く、平置きを勧めるとの事でした。確かに、水を飲んだ後に咳き込んでいたので、今度は平置きを検討しようと思ってます。

(評価△:現在平置きを検討中。メーカーを選ばないと買い直しになる)
→ 1ヶ月半後の評価:結局ウォーターノズルと平置きを併用しています。やはりウォーターノズルだと水が出にくい時があったり、一回に口に含められる量が少ないので平置きに変えましたが、平置きも水をこぼしたり、足が入ってしまったりして安心できませんでした。今は平置きをメインにウォーターノズルを平置きの水がこぼれてしまった時の保険としてセットしています。ちなみに平置きは倒れにくいように底が広いマグカップを使用。

⑸餌入れ
これはシンプルでシューに合う深さのものにしました。今のところ問題ありません。

(評価○:可もなく不可もなく)
→ 1ヶ月半後の評価:陶器の入れ物に変えました。このステンレスの入れ物が直接の原因かわからないのですが、シューはごはんをなかなか食べてくれません。ステンレスが苦手な犬もいると聞いたので、家にあった陶器のお茶碗を使うようにしました。

⑹ウェットティッシュ
何気に使いまくります。うんちを踏んづけていたりするので手足を拭いたり、軟便の時にはお尻を拭いたり、トイレのメッシュカバーについたうんちを拭いたりしています。舐めても安心だそうで、足やお尻、デリケートな口元や目の周りにも使えるそうです。

(評価◎:これじゃなきゃいけないというわけではないですが、コスパもいいと思います。)
→ 1ヶ月半後の評価:これでなければいけないというわけではないと思いますが、足やお尻を拭いたり使用頻度は高いです。


⑺ベッド
これは何がいいのか課題です。最初に買ったのはポリエステル製の毛羽立った生地だったのですが、歯の抜け替わりで痒くてしょうがないらしく、噛みまくっていたところ、毛が抜けて一部を食べてしまったようです。次に買ったのはリバーシブルで季節を問わないものだったのですが、シューには少し高さがありすぎて、やっと登っている状態でした。結果、フリースブランケットとタオルを組み合わせた簡易的なベッドを使用しています。現在、検討中です。
→ 1ヶ月半後の評価:結局、以下のクレートを導入したら落ち着きました。震災時などもクレートなどのキャリーケースに入れないと一緒に避難所で生活できないそうなので、慣れさせておく必要があると聞きました。電車もこれで移動しています。上部も開閉できるので、使い勝手がいいです。

リッチェル リッチェル キャンピングキャリー ダブルドアS ブラウン

⑻ヒーター
これは夏以外は必需品だと思います。リバーシブルで低温と高温があり、季節によって選べます。電気代も1時間0.3円です。ネットで見ると犬は暑いのが苦手と書いてあることが多かったのですが、獣医さんいわく、子犬はすぐに体温が下がるので温めることが重要だそうです。実はシューは風邪をひいてしまいました。ヒーターの上に寝ないで、サークルのトレイに直に寝ていたのを見て、暑いのかと思ってしまいヒーターを消してしまったのですが、これも獣医さんいわく、子犬は冷たいところで寝たりしても油断は禁物だそうです。

(評価◎:温度が高温と低温で選べるのと、コードをカバーしてありいたずら防止策が施されています。)

⑼おもちゃ
とにかく歯が痒そうです。家にあったボールや木のマッサージ棒なども用意したのですが、一つくらいは犬用のおもちゃがあってもいいと思って購入しました。しかし、一説によると、犬は目新しいものに興味を引かれるそうなので、徐々に様子を見ながら、少しずつ与えていってもいいかもしれません。実際にシューは、タオルハンカチ→ 布紐→ ボール→ 革紐の順に噛めるおもちゃを好んで行っています。

以上、まだまだ試行錯誤ですが、餌と一緒にこれらを用意して受け入れができました。
キャリーケースなどはペットショップから引き取る際にダンボールケースを用意してくれたので、まだ買っていませんが、近々購入予定です。


ご紹介したいブログ
うっちゃんの日記@南インド!

67歳の母が南インドでのシニアライフを綴っています。当ブログと併せて宜しくお願いします!


スポンサードリンク





nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

《わんこの受け入れ準備(お食事編)》 [わんちゃんに必要なこと]

IMG_1769.jpg


シューを迎えることになりましたが、グッズを一から揃えなくてはなりませんでした。

受け入れ準備として購入したのものを書いてみます。

餌についてはなるべく環境を変えないためにも、ペットショップで与えていたものと同じがいいと言われ、こちらはペットショップが用意してくれたものを購入しました。

シューは月齢3ヶ月の小型犬で、現在約1キロです。

ただ、実際のところ少食でなかなか食べずに苦労している状況です。

子犬は1食抜くだけでも低血糖になりやすいと言われ、必死になって与えていますが、なかなかうまくいきません[もうやだ~(悲しい顔)]

以下の餌を組み合わせて与えています。

⑴ドライフード

今のところふやかしてあげてます。手順は次の通り教えてもらいました。

①1回の食事量を容器に入れたら、ドライフードが浸かる程度に熱湯を注ぐ。

②蓋を閉めて20分ー30分置く。わんちゃんの好み、月齢や状況によってふやかす時間を変えるといいそうです。大きくなったら、だんだんふやかす時間を短くし、最終的にドライフードを食べるようになります。

③芯の固さを確認して、与えます。

備考[exclamation] シューの場合はペットショップでも7分くらいのふやかし方であげていたので、最初は同じようにしたのですが、環境の変化なのか消化不良になってしまいました。最初は環境に慣れるまでしっかりふやかしてあげたほうが無難だと思いました。



⑵ベビーミルク

シューの場合は大スプーン1杯くらいをドライフードにまんべんなく混ぜて与えます。
餌もかなり選り好みして、あまり食べない時があるので、変化をつけるために与えたり与えなかったりしています。



⑶マイトマックス(お腹の調子を整えます)
カプセルの中身をドライフードにまんべんなく混ぜて与えます。シューの場合は1日に1カプセルです。



⑷スタータームース
やはりドライフードにまんべんなく混ぜて与えています。シューの場合は大スプーン1杯くらいです。



⑸エナージェル
低血糖を予防するための栄養剤。食事の間のおやつとして、うんちやおしっこをうまくした時のご褒美などに指にとって舐めさせています。1日に5−6回与えるといいそうです。シューの場合、最初は妙な顔をして食べていたのですが、慣れてくると喜んで食べるようになりました。餌をなかなか食べてくれないので、これには助かりました。通販では見つからなかったのですが、写真のものです。

IMG_1798.jpg

⑹アクアコール
ストレスを受けた時に失う水分、電解質、ブドウ糖を補うための粉末飲料。人間で言うところのポカリスエット。1袋200mlのぬるま湯で溶いて与えます。最初の1週間は与えたほうがいいそうです。シューの場合はこれはすんなり飲んでくれました。



食事の回数は生後3ヶ月未満は朝・昼・夜の1日3回が目安だそうで、3ヶ月以降は徐々に1日2回にしていくそうです。

シューの場合はとにかく食べてくれないので、ドライフードをふやかすお湯を減らして満腹感が出ないようにしたり、エナージェルで補ったり悪戦苦闘しています。


ご紹介したいブログ
うっちゃんの日記@南インド!

67歳の母が南インドでのシニアライフを綴っています。当ブログと併せて宜しくお願いします!


スポンサードリンク





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
わんちゃんに必要なこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。