So-net無料ブログ作成
検索選択

《わんこの受け入れ準備(お部屋編)》 [わんちゃんに必要なこと]

IMG_1776.jpg


Update[exclamation] 使用後1ヶ月半時点の使い勝手を下記に赤字で追記しました。(2016.7.20)

餌と同時になくてはならない最低限のグッズを取り急ぎ用意しました。

ペットショップでもセット販売していたのですが3万円ほどするし、届くまでに2日位かかると言われたので、早く引き取りたい私たちは同等商品をネット購入して半額ほどに抑えました。

まだ購入したばかりですが、現時点での個人的な使い勝手や評価も加えて書いてみます。

⑴サークル 
迎え入れて2週間は基本的にサークルの中だけで育てるそうです。成長後も寝床とトイレと食事はこのサークル内でするそうです。だから、長く使える物を選びました。シューは成犬時の予想体重が3キロですが、60×90cmあれば十分だそうです。下のトレイが引き出せてお掃除が楽な点と、引き戸なので場所を取らない点を考慮して購入を決めました。今のところ、使い勝手はいいです。

(評価◎:組み立て簡単。お掃除も楽。引き戸なのが場所を取らなくていいです)
→ 1ヶ月半後の評価:引き続き使い勝手は良好です。

⑵トイレ
なくてはならない必需品です。これはペットショップのセット販売と同じものにしました。トイレシートがむき出しだと噛んだり、手でガリガリしたり、いたずらするので、メッシュカバーがあってよかったです。いたずらしなくなったら外して使えます。メッシュカバーは1日に1回洗っています。わんちゃんも清潔な方がいいみたいですね。

(評価◎:いたずら盛りの子犬にはメッシュカバーは必要だと思います)
→ 1ヶ月半後の評価:メッシュカバーはいたずら防止に必要だと思います。サイズはワイドサイズがいいと思います。レギュラーサイズは小型犬でも大きくなると回りきれなくてはみ出します。月齢4ヶ月目のシューでも小さくてはみ出すことが多くなりました。最初からワイドサイズを買っておけばよかったです。今使っているのは↓です。これだといたずらでカバーも外しにくいようです。


リッチェル しつけ用 ステップトレー ワイド ダークブラウン

⑶トイレシート
これは賛否両論あるようですが、シューにはいいです。シューはペットショップでトイレはしつけられていたようで、トイレとトイレシーツのどちらが効いているのかわかりませんが、今のところきちんと指定の場所で排泄しています。このシートはおしっこ3回くらいは持ちます。あまり溜めると犬はおしっこをしたがらないそうです。実際に、シューもシートを替えた途端におしっこをしたことがあり、がまんしていた様子でした。

(評価○:問題はないですが、シートのしつけ効果があるのか確認できていないため◎ではなく○)
→ 1ヶ月半後の評価:他のシートも使っています。色は白かブルーでおしっこしたかどうかがわかりやすいものがいいと思います。

[犬]備考[犬] いくらペットショップでしつけられていると言ってもサークル内の話だけで、「床は歩かせないでほしい」とのことでした。実際に歩かせてしまったことがあり、おしっこを床にしてしまいました[ふらふら]

⑷給水器
これもペットショップで使っていたのと同タイプの給水器にしました。口先を舐めると中の玉が転がって水が出てくる仕組みです。ただ、以下の給水器は子犬でも問題なく水が飲めるのですが、最初に買った違うメーカーの商品は強い力で玉を押さないと水が出てこず、シューには飲めませんでした。水は死活問題なので、以下の給水器にすぐに買い換えました。これは屋外にも持っていけます。

[犬]備考[犬] 後から聞いた獣医さんのお話では、上を向いて飲むタイプなので、むせることが多く、平置きを勧めるとの事でした。確かに、水を飲んだ後に咳き込んでいたので、今度は平置きを検討しようと思ってます。

(評価△:現在平置きを検討中。メーカーを選ばないと買い直しになる)
→ 1ヶ月半後の評価:結局ウォーターノズルと平置きを併用しています。やはりウォーターノズルだと水が出にくい時があったり、一回に口に含められる量が少ないので平置きに変えましたが、平置きも水をこぼしたり、足が入ってしまったりして安心できませんでした。今は平置きをメインにウォーターノズルを平置きの水がこぼれてしまった時の保険としてセットしています。ちなみに平置きは倒れにくいように底が広いマグカップを使用。

⑸餌入れ
これはシンプルでシューに合う深さのものにしました。今のところ問題ありません。

(評価○:可もなく不可もなく)
→ 1ヶ月半後の評価:陶器の入れ物に変えました。このステンレスの入れ物が直接の原因かわからないのですが、シューはごはんをなかなか食べてくれません。ステンレスが苦手な犬もいると聞いたので、家にあった陶器のお茶碗を使うようにしました。

⑹ウェットティッシュ
何気に使いまくります。うんちを踏んづけていたりするので手足を拭いたり、軟便の時にはお尻を拭いたり、トイレのメッシュカバーについたうんちを拭いたりしています。舐めても安心だそうで、足やお尻、デリケートな口元や目の周りにも使えるそうです。

(評価◎:これじゃなきゃいけないというわけではないですが、コスパもいいと思います。)
→ 1ヶ月半後の評価:これでなければいけないというわけではないと思いますが、足やお尻を拭いたり使用頻度は高いです。


⑺ベッド
これは何がいいのか課題です。最初に買ったのはポリエステル製の毛羽立った生地だったのですが、歯の抜け替わりで痒くてしょうがないらしく、噛みまくっていたところ、毛が抜けて一部を食べてしまったようです。次に買ったのはリバーシブルで季節を問わないものだったのですが、シューには少し高さがありすぎて、やっと登っている状態でした。結果、フリースブランケットとタオルを組み合わせた簡易的なベッドを使用しています。現在、検討中です。
→ 1ヶ月半後の評価:結局、以下のクレートを導入したら落ち着きました。震災時などもクレートなどのキャリーケースに入れないと一緒に避難所で生活できないそうなので、慣れさせておく必要があると聞きました。電車もこれで移動しています。上部も開閉できるので、使い勝手がいいです。

リッチェル リッチェル キャンピングキャリー ダブルドアS ブラウン

⑻ヒーター
これは夏以外は必需品だと思います。リバーシブルで低温と高温があり、季節によって選べます。電気代も1時間0.3円です。ネットで見ると犬は暑いのが苦手と書いてあることが多かったのですが、獣医さんいわく、子犬はすぐに体温が下がるので温めることが重要だそうです。実はシューは風邪をひいてしまいました。ヒーターの上に寝ないで、サークルのトレイに直に寝ていたのを見て、暑いのかと思ってしまいヒーターを消してしまったのですが、これも獣医さんいわく、子犬は冷たいところで寝たりしても油断は禁物だそうです。

(評価◎:温度が高温と低温で選べるのと、コードをカバーしてありいたずら防止策が施されています。)

⑼おもちゃ
とにかく歯が痒そうです。家にあったボールや木のマッサージ棒なども用意したのですが、一つくらいは犬用のおもちゃがあってもいいと思って購入しました。しかし、一説によると、犬は目新しいものに興味を引かれるそうなので、徐々に様子を見ながら、少しずつ与えていってもいいかもしれません。実際にシューは、タオルハンカチ→ 布紐→ ボール→ 革紐の順に噛めるおもちゃを好んで行っています。

以上、まだまだ試行錯誤ですが、餌と一緒にこれらを用意して受け入れができました。
キャリーケースなどはペットショップから引き取る際にダンボールケースを用意してくれたので、まだ買っていませんが、近々購入予定です。


ご紹介したいブログ
うっちゃんの日記@南インド!

67歳の母が南インドでのシニアライフを綴っています。当ブログと併せて宜しくお願いします!


スポンサードリンク





nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。